西東京-府中-多摩6市-世田谷-杉並-稲城市-町田市の注文住宅、自由設計、デザイナーズ・ハウスのご用命は当社へお任せください。
 
子育て世代を応援する
省コスト個性派住宅研究会
キャナエル設計 キャナエル設計株式会社
東京都府中市住吉町1-81-13-1F
電話: 042-335-1400
建設業許可 知事般‐22 第21973号
 
   

【木造住宅】 木にこだわる家造り

 

健康で長生きできる木の環境

 

木に囲まれて生活すれば長生きできる

マウスを使った実験では、木製の飼育箱で生活するマウスの生存率が、金属製の飼育箱やコンクリートの飼育箱より生存率が高い結果が出ています。体重の変化も同様に、木製の飼育箱で育てられたマウスの方が早く大きく成長する結果が出ています。

 

健康でいられる木の空間

抵抗力や体力が弱っているお年寄りは、ちょっと転んだり、風を時散らせたりしても大事になりかねません。ある老人ホームで、怪我や心身のふぃちょうを調べてみると、施設に木材が大く使われている場合の方がインフルエンザや骨折・不眠などの発生率が低いという結果が出ました。

 

木は人の五感を和ませる

 

人をリラックスさせる木の成分

木に含まれている成分には人間を落ち着かせる効果があります。森林浴に行くと心が落ち着くように、ストレスが多い現代人には木の家は最適です。

喘息やアレルギーに効果がある木

アレルギー性皮膚炎などの原因になっている一つにダニが挙げられます。ある実験では住宅の床をカーペットから木製の床にカエルとダニの数が減少したという結果が出ました。これは木材の調湿機能により室内が適度に乾燥されたからだと言われています。また、木の香りにはダニを寄せ付けない効果もあるのです。

 

目に優しい木

木材は紫外線など光を吸収します。そのため、部屋の中に光が差し込んでもあまり眩しくなく、目に優しいのです。 保湿力に優れた木 鉄やコンクリートに比べ、木は熱の保温力が高く、室温が急激に冷えても快適な温度が持続するのです。

 

雑音を吸収する木

木材は音を適度に吸収して子落ちよく感じろ音に調整してくれます。

 

木材は安全な住環境を作り出す

 

衝撃を吸収する木材

転んだとき、頭が地面に叩きつけられるスピードは秒速「4〜6メートル」、最大衝撃力は「200kgf以上」と言われています。木はこの衝撃を吸収して怪我を少なくします。これは、木の細胞の中に多くの空気を含んでいるためで力が加わったとき変形し、衝撃を吸収するためです。

断熱性と調湿性に優れた木材

君クリートに家は服は暖かいが、夏は外気温と同じになってしまいます。木材は優れた「断熱性」を持っているので「夏涼しく、冬暖かい」のです。また、人の温度に対する間隔は「湿度」によって変わってきます。その湿度を適度に調節する木材の調湿性も真一弐を快適に過ごし、風などの病気を防ぐので人間にとって「安全」な素材といえるのです。

 

火災に強い木造住宅

断面が厚い木材は火災時に熱が加わっても、熱が中まで伝わらず燃焼するのに時間がかり、柱や梁が短時間で倒壊するようなことはありません。鉄は一見強そうに見えますが、熱によって短時間で変形してしまいます。イシンホームで使用している木材は太く断面が大きいので表面に着火しても表層に炭化層ができ、それが断熱層の役割を果たすので、燃焼スピードが遅く、いざというとき非難時間や消火活動が十分に得られます。

実験建物は、大径木を用い、防火対策を施した真壁の軸組工法であるが、防火対策を施していない木造住宅に比べて、火災室の燃え方もゆるやかで隣室(火災室と防火に配慮した戸で仕切られている)への炎症も遅く、防火性能が高いことがわかる。

 

このような研究結果が示すように、木をふんだんに使用する木造住宅は「人間にとって一番良い住宅」と言えるのです。

 

イシンホームPSシステムの家はすでにご存じのように、木をふんだんに使った「木造住宅」です。他に「鉄筋コンクリート」を使用した家や柱に「鉄骨」を用いた家などが存在しますが、なぜイシンホームPSシステムが木造住宅、つまり「木にこだわる」家造りをしているのか?それは木という材料が一番人間の健康に適しているからです。健康や長寿には多くの人たちが感心を持っています。

木と人間の関係を見ていくと、身近に木の環境があることが健康で長生きできる秘訣だということが、最近の研究結果で明らかになっています。