2018/02/16 (金)

KURAのある家 中2階の住宅の作り方 8

収納がたくさんあって、片付けしやすくて、取り出しやすい。
それが、蔵KURAのある家、です。
このKURAや中2階のある住宅のメリットやその作り方の注意点など、
家作りを始める前に確認しておきたいことをいくつか説明します。

今回は『KURAのある家』にとって効果的な土地や計画の進め方を
説明します。

まず土地の条件でしたね。それには大きく3つあります。
@防火指定があるか?
 ⇒ これは密集地、商業地など火災への対策を考えた土地です。
   ここに建てる家も燃えにくいものにしないといけません。
   その分、工事費は高くないりますが、これがKURAの家
   中2階の家にも影響してきますので要チェックです。

A高度規制は第1種か?
 ⇒ これが一番大きい制約ですね。
   建物の高さの制限ですが、土地の境界上に見えない線がある
   と思ってください。この線は5m立ち上がってそこから斜め
   に自分たちの敷地の方へ伸びてきます。
   この線より高いものは建てられないのです。
   この制限の中で一番厳しいものは、第1種高度規制です。
   これを確認してください。

B第1種低層住居専用地域か?
 ⇒ 住宅を建てる場合、ほとんどがこの第1種低層住居専用地域
   だと思います。建築面積や容積率といった制限があります。
   簡単にいいますと家の大きさの制限になります。
   上記AとBの地域でも土地の形によってはいろいろと工夫が
   できますので希望をもって検討してみましょう。

以上のことも検討しながら計画を進めていきます。