2018/02/18 (日)

羽生結弦選手

こんにちは、森井です。
一昨日、昨日と、やはりフィギアスケートから目が離せませんでしたね!!
羽生選手、宇野選手、おめでとうございます!!
羽生選手は復帰からの金メダル、尋常ではない努力があったことと思います。その努力が人を感動させる演技につながったのだと思いますが、私が羽生選手を素晴らしいと思うのは、いつも感謝の気持ちが溢れていること、人の幸せを願って演技されていることです。
清明神社に奉納されている羽生選手の絵馬には、
「思い描く演技ができますように。そして、私の演技がきっかけで、皆さんに幸せがおとずれますように。」と書かれています。
『人を幸せにする演技』…言葉では簡単に言えますが、並々ならぬ努力、おもいがないと実現しないことだと思います。でも羽生選手の演技は見る人を魅了し、感動させ、そのとおり幸せな気持ちにさせてくれました。人生が変わるようなきっかけをもらった方もいたかもしれません。
あと素晴らしいと思うことがもう一つ。
日本を背負っているという気概、愛国心です。
日の丸を真ん中にあげられることができてよかった、というコメントもありましたし、国旗を丁寧に扱われている姿は日本人として誇らしく感じました。若いのにこんなふうに行動できるなんて、ご両親の教育が本当に素晴らしいのだな、と感動しました。

オリンピックも残り1週間となりました。
事故や怪我がなく、選手のみなさんが全力を発揮できるようお祈りしています。