2018/02/19 (月)

KURAのある家 中2階の住宅の作り方 9

収納がたくさんあって、片付けしやすくて、取り出しやすい。
それが、蔵KURAのある家、です。
このKURAや中2階のある住宅のメリットやその作り方の注意点など、
家作りを始める前に確認しておきたいことをいくつか説明します。

1、土地を決める前に考えておきたいこと。

どれくらいの家が欲しいか、まず土地探しを始める前に、家の広さ
大きさを検討しましょう。

どんな基準で考えれば失敗しないのか?
いくつかポイントがありますから、説明します。

@いまのお住まいの広さを知りましょう。
いまの家、アパート、マンションがどれくらいの広さか?
まずはそこから調べてください。
その中で、あとどれくらい必要か考えます。
分かりやすい広さの単位としては畳が良く使われますが、畳の経験
の無い方はu(1m四方)でも結構です。

この畳に換算して何畳くらい必要か検討してみます。
ちなみに1畳は1.65uです。(約 180p×90p)

例えば、いまのお住まいが2LDKのマンションで65uなら
約40畳の広さです。

あと寝室が1つ欲しい⇒4.5畳と収納1畳=5.5畳
リビングもう少し広くしたい⇒3畳
玄関廻りの収納を広く欲しい⇒2畳
捨てられないかさばる荷物などの収納がほしい⇒3畳

以上で13.5畳 必要です。
これは22.3uの増、6.8坪の増 となります。

実はここにKURAの活用法があります。
KURA部分に収納を集約させることで家の広さの制限が緩和され
土地代が少し浮きます。

この例でいけば調布市界隈なら600万円〜の節約につながります。

これがKURA活用法の大きなメリットです。