2018/03/11 (日)

3.11

こんにちは、小林です。
2万人を超す犠牲者が出た東日本大震災から7年を迎えました。
被災された皆様、ご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私も当時1歳の末娘を寝かしつけた直後に強い揺れを感じ、慌てて娘を再び抱え、恐怖と共に揺れがおさまるまでの間がとても長く感じたのを今でも鮮明に思い出します。

今なお約7万3千人もの方が避難生活を送られています。
発生時刻の午後2時46分に合わせて東京で政府主催追悼式が催され、仮説住宅や沿岸でも復興を願うイベントや追悼式がおこなわれるそうです。

被災地での避難訓練に参加した中学生のコメントで「震災を忘れないためにも訓練を続け、みんなで助け合えるようにしたい」とありました。
時間とともに危機感がうすれがちになりますが、緊急事態の対応は事前の意識がとても大事になります。
我が家でもあらためて緊急時のことを確認し合いたいと思います。