2018/04/14 (土)

国会異常事態

こんにちは、森井です。

テレビはあまり観ないのですが、ちらっと観るニュースでは、連日「もりかけ問題」(今はカケのほうでしょうか?)で言った言わない、記憶にない、文書が見つかった…等々のフレーズばかりが耳に残るのですが、気のせいでしょうか?

国会を開くにも税金使われていますよね?
もうどうでもよいとは言いませんが、優先順位ってあるし、いつまでもいつまでも国会開いて税金の無駄遣いしてほしくありません。
日本の外に目を向ければ、シリアでは化学兵器が使用された疑いのある攻撃があり、小さな子供たちを含む何百人もの人たちが虐殺されています。それに対して今朝、米英仏が軍事行動を実行開始しているというニュースがありました。日本だって、すぐとなりに核を保有している正気を失った独裁者の国があります。

だというのに、この日本の国会の状態はいかがなものかと、もっとまともな政治をしてもらえないかと悲しくなってしまいます。
政治家は国民のために仕事をするべきであって、自分たちの保身や名誉、派閥争いなどのために時間、税金を使ってはいけません。
1日も早く日本の政治が正常になるよう、有権者の私たちもきちんと考えていかなくてはならないと思います。