2018/04/21 (土)

すてきなルール 言霊 

昨日に引き続き、言霊のお話し、谷平が担当します。
この言霊のもつ不思議な力、魅力を国の言葉として使っていたのが
大和言葉、だといわれています。

飛鳥時代にその様式が完成されたとか。
私の好きな『桜』も『咲き麗れ』(さきうれ)が語源とも言われて
います。

自然や目に見えない聖なるものへの畏敬の思いと人への優しさ、
これらが言葉になっていたのが『大和言葉』だったんですね。

ヘイトスピーチとかディベートとか、いままでの日本の文化には
あまりなかった言葉による攻防?攻撃?みたいなものが浸透して
いるいま、言葉のもつ幸せになる、幸せにさせる、魅力を見直して
みたいものですね。