2018/05/02 (水)

明日は憲法記念日

みなさん。
ゴールデン・ウィーク真っ最中ですが、明日は憲法記念日なんですね。
この日は第2次世界大戦(大東亜戦争)後の昭和22年、1947年の
5月3日に日本国憲法として施行された日を記念したものです。

この憲法は敗戦国、日本が占領軍である米軍の基に、制作された
憲法です。占領下の憲法、といえるものですね。
ですから世界的に非常識な文言もあります。

その分かりやすいものが、憲法9条の平和憲法といわれる
非交戦権の放棄です。

『戦わない国家』がこの憲法の特徴です。
実際、外敵からの攻撃があれば交戦します。
国防の観点からそれは認められていますが・・・
そもそも戦闘能力を持ちません!!と憲法に書かれていますので
そのため、国防という権利も充分に持つことができない状況です。

近年の東アジアの情勢や中近東をはじめテロなどの不安定な国際
情勢から見ても、現実離れした憲法ではないか?
という声があちこちから聞かれはじめました。

戦後70年も改訂されない憲法が果たして国民の安全を
保証してくれるものでしょうか。

同じ敗戦国家のドイツでも70回くらい改訂されていますので、
憲法の見直しは大切な議案だと思います。
明日の記念日は家族でそうしてことを話されてもいいかもしれませんね。