2018/05/12 (土)

米朝首脳 会談 決まる

日本は自分たちの命運を他国にゆだねる、そうした外交を続けて
きましたが、とうとうそのツケがきてしまったようです。

先日、米朝会談決定の報道がありましたが、北朝鮮の核保有化が
一番脅威なのは、米国ではなくて日本です。

また北朝鮮が一番敵視し、憎い国は米国ではなく、日本です。

さらに南コリア、韓国も日本を一番敵視しています。
もっと言えば、中国が一番排斥したい国、それが日本でしょう。

このように利害が一致した関係は・・・地政学的に大変危険な
隣国、と言えます。

さらにその隣国の政治体制が完全な民主主義ではない、ということ。
これも脅威です。

中国は一党独裁政権です。
「独裁国家」・・・これが中国ですし、習近平主席はおそらく
任期の制限がなくなったので、死ぬまで独裁を敷くでしょう。

北朝鮮も完全な共産国家、独裁国家です。

では韓国は?
韓国の恐ろしい所は前政権の首脳がほぼすべて自殺か、有罪で
監獄行き、ですね。

これら地政学的に大変危険な爆薬庫である朝鮮半島、中国大陸を
近所にもつ国に、正式な軍隊が無い、という事実をもっと日本人
は知る必要があります。

防御に特化した軍隊は侵攻軍に対しては、非常にもろい部分があります。先制攻撃を有した国際的に常識的な国防軍の設置が急がれます。

明日は母の日ですが、世界中の母にとって争い事は絶対避けたい、
ことでしょうが、大事な子供たちのいる学校の隣に、暴力団の
事務所が3つもあったら、民間の警備員だけで安心ですか?
警備員は自ら先制して攻撃しませんし銃なども持っていません。

暴力団員には、やはりそれ専用に警察官、それも「機動隊」を
配置させたいでしょう。
この「機動隊」が国際的に認められている一般的な「国防軍」なん
ですね。

国会ではこうした、もっと大事な問題を議論して施行していただきたいですね。