2018/05/24 (木)

わたしだけのマイホームの作り方 2

家作り、何から手を付けていいか、わからないですね。
いろんなことを同時に並行して進めないと、希望だけ先走っても
大変です。でも自分だけの家作り、マイホームが欲しいですよね。

そこで、弊社の進め方の一部ですがご披露して、ご参考になれば
と思い数回にわけてお話しします。

前回は『あなたの理想の家を思いっきりイメージしてみましょ』
でした。
そこから出てくる色々な言葉、形、雰囲気、機能、装備などが
大事な家作りの要素になってきます。

弊社ではこんな例があります。
お客様は最初、ナチュラルな木質感がお好みでした。
材種はパイン、ビーチ、杉系など明るいお色でした。
でもお話をうかがっていると、もっと落ち着いた色が良いことが
分かってきました。

どうして明るい色の木質がいいのか?
そのお客様のお考えは
・広がり感がほしい。
・明るい方が落ち着ける気がする。
・日当たりが気になるので明るい素材の方が良いと思う。
こうした内容でした。
このご要望に一つ一つお応えしているうちに
実は、落ち着いた赤茶系のお色、ウォールナットが最適だという
ことが分かりました。

つまり先入観や営業マンの説明のみで納得してしまうと
自分の本当の理想の家が見えなくなってしまう、ということです。

そのためのヒアリング、これが大事なんですね。