2018/05/25 (金)

わたしだけのマイホームの作り方 3

家作り、何から手を付けていいか、わからないですね。
いろんなことを同時に並行して進めないと、希望だけ先走っても
大変です。でも自分だけの家作り、マイホームが欲しいですよね。

そこで、弊社の進め方の一部ですがご披露して、ご参考になれば
と思い数回にわけてお話しします。

初めは、『あなたの理想の家を思いっきりイメージしてみましょ』
からでした。
そこから出てくる色々な言葉、形、雰囲気、機能、装備などが
大事な家作りの要素になってくる、というお話しをしましょう。

例えば・・・
 いまのダイニングは狭くて片付かなくて○○だけど、ほんとうは
 □□□したいんだよね。

 玄関は○○にするのが普通だとうけど、できたら□□したい。

 リビングには〇○があれば充分だけど、もしかしたら□□になる
 とうれしいなぁ。
 
などなど、自己限定しないで可能性を一度検討するのも大事です。
プロの観点からご提案できるので新しい選択肢が増えますね。

こんな例もあります。
 土地に制約があって日当たりを確保しにくい。
 でも明るいリビングがほしい。
 吹抜けを作って上の方から日光を入れたいが・・・
 2階の面積がその分狭くなってしまい寝室が小さくなりそう。
 でも高さ方向の解放感も欲しい
 ・・・・・こんな時どうしたら良いでしょうか?

解決策の1つに
 「2階の一部をスキップフロアにする。」です。
 これは2階の床の高さを1m近く上にあげることで1階の天井
 の高さが1mくらい上に上がる、というもの。
 そこで天井の高いに窓をつければ、日光を充分入れられます。

このように可能性を追求していく、という解決方法もあります。
でもこれが本当の目的ではないんですね。

イメージをしてみるのは、もっと大事な点を掘り下げていくため
のものなんですね。この点を次回説明しましょう。