2018/07/30 (月)

わたしだけのマイホームの作り方 12

理想の家作りのためにいろいろな課題がありますが、順番に
すすめていけば必ず理想の家がゲットできます。

前回は窓についてのお話しでした。
今回は、お庭 外構工事 についてお話しします。

東京は土地の価格が高いため、十分なお庭が確保できません。
駐車場や自転車置き場を作って残りは少し、というのが多いのでは
ないでしょうか。

玄関までのアプローチも駐車場や自転車置き場の横を通りぬけて
入るような感じが多いように思います。

そんな中、それでもお庭作りは工夫してみたいものですね。
お庭作りにも設計、プランニングという観点が大事です。
どんな風に見せたいか、感じたいか、機能面はどうか、などなど
状況に合わせてプランニングが大きく変わります。

外構の構成には
路面(床)、塀(壁)視覚の遮断や焦点、植栽、照明、サイン、
など多くの道具を使ってアレンジします。

それでは、プランニングの際のポイントは・・・・・
1、季節毎にイメージします。手入れは大丈夫ですか。
2、外からの動線や目線だけでなくて、室内からどう見せたいか、
  も考えてみると面白いです。
3、昼間だけでなく、夕方〜夜間の見え方も考えたいです。
4、お車の移動(出庫)の時、駐車場をどう扱いますか。
5、お隣との境界は子供世代になってもトラブルが無いですか。
6、外にある設備関係(給湯器、エアコン外機、エコキュート)
  のメンテナンスや交換に支障はないですか。
7.地面の中の配管のメンテナンスも大丈夫?
8、おおきな荷物、家具の出し入れは大丈夫?

などなど、意外と大変です。
ここまでイメージできると自分の家作りがやっと完成です。
さぁ、頑張って、わたしだけのマイホームを作りましょう。