2018/08/04 (土)

暑い日でもエアコン1台で家の中は涼しいのは? 2

前回に引き続いて・・・
猛暑がつづいていますが、そんな中でもエアコン1台で家の中が
サラッとしていて涼しいのは凄いですよね。

ほんとうにエアコン1台でできるの?そんな疑問が湧いてきます。

でも本当なんですね。
それがイシンホームのエコアイ換気システムです。
日本最高ランクの熱交換機と潜熱交換、さらに反射断熱と基礎断熱
などなどいろいろなものの相乗効果で実現した快適さです。

その仕組みをお話ししましょう。
⇒この仕組みがいま完成見学会で体験できますのでどうぞご参加
 ください。百聞は一見にしかず、です。

□仕組み その2
  『もちろん高気密高断熱構造だから。』
 高気密の家になると前回の機械による計画換気の効果が最も得ら
 れますね。この高気密の性能には段階があります。(=C値)
 日本の極限の寒さの地域でもC値=2.0cm/u 以内の基準に対し
 イシンホームの標準バージョンでも 0.7cm/u以下です。

 次に高断熱にも段階があります。(=Q値)
 日本の極限の寒さの地域でも Q値=1.6w/u・k の基準です。
 イシンホームの標準バージョンでは1.76w/u・k となりかなり
 高断熱だといえます。

 さらにこれは標準バージョンなので断熱や気密のオプションを
 重ねると凄い数値になります・・・。

 でもこれは意外と絵に描いた餅的な要素になりがちです。
 なぜなら、これらの想定は一般的に、
 家のすき間や換気扇のすき間をふさいでの測定です。
 
 だから・・・
 キッチンのレンジの換気の開口や浴室の換気の開口であっとい
 うまにスキマ数値 C値 が2段階も3段階も落ちてしまいます。

 このすき間をある程度考慮に入れつつ、計画換気を行う。
 さらに顕熱&潜熱の交換を行う、・・・これがポイントです。
 高気密、高断熱万能だけではなく、プラス計画換気が大事だと
 いえます。