2018/08/06 (月)

今日は 広島原爆の日

今日は、『広島原爆の日』です。
戦勝国のアメリカはこの投下を正当化してきましたし、敗戦国の
日本では特にマスコミがその責任を日本に訴えてきました。
日本にとっては外的にも内的にも責任を請求されてきました。

史実としてほんとうにそうだったのか?
その答えは「否」です。
戦勝国の司令長官のマッカーサーでさえ日本の戦争責任に
疑問を投げかけていました。

「当時の日本の立場を考えると開戦は防衛のためと考えられる」
・・・とのコメントを出しています。

また原爆投下の必要性も疑問が残るものです。
この瞬間的に10万人以上の方の命を奪う行為、しかも非戦闘員の
命を奪うことへの言い訳としてアメリカ側があとで用意したもの
として・・・

南京大虐殺や韓国の従軍慰安婦問題があります。

歴史は戦勝国が作る、と言われていますが、いまのようにマスコミ
の自由が保障されている時代に、深い検証も無しに戦勝国の政策に
そのまま踊らされている報道は・・・情けないのでは?
と思ってしまいます。

国を守るために命を掛けてきた先人の気持ちにこたえるためにも
間違った史実には、NOはNOとはっきりと言い続けてほしいと思います。