2018/08/21 (火)

読み聞かせ本

こんにちは、小林です。
今日は末娘が、ボランティアのおじさんに読んでもらって大のお気に入りになった、という絵本「ぼくのジイちゃん」をご紹介します。

ボクの運動会の応援に、田舎からやってきたジィちゃん。
ださいし、ニコニコしているだけで、なんだかカッコ悪い。
そしてクラスで一番走るのがおそいボクはかけっこが憂鬱。
でも運動会当日、ぼくのジィちゃんのすごい秘密を知り..
ボクの中のジィちゃん像が変わっていく瞬間を迫力たっぷりに魅せてくれます。
読後感が気持ちいい、ドラマチックな一冊です!
走る子が苦手な子にもおすすめ。ジィちゃんのパワーに勇気をもらいます。

作:くすのき しげのり  絵:吉田尚令