2018/09/15 (土)

知らないと損する 住宅選びのコツ 9

『知らないと損する住宅選びのコツ』をお話しします。
第 9回目は、「建てる時、建てた後の税金?」です。
住宅に掛かる費用には工事費や設計費、確認申請費などの他に税金
があります。固定資産税や取得税ですね。結構な金額になります。
総費用4000万円位で考えると10万円単位の税金です。

さらに登記という税金もあります。
これは最初と最後に掛かる税金ですから用心です。
これも土地建物で20万円、30万円掛かります。

土地の購入時に登記+抵当権設定。
建物の完成時に同じく、登記+抵当権設定。

こうした税金関係や融資手数料などに200万円位用意していれば安心です。

さてここからが本題です。
実は税金がかからない住宅作りが可能なんですね。
税金はあくまでも生活空間、そこに毎年10万円〜20万円掛かって
しまいますが、これに含まれない家もあります。

これが小屋裏収納や中間階(クラ)といわれる空間です。
基本条件はいくつかありますが、簡単にいいますと
天井が140p以下ということ。
これを活用して生活空間を豊かにしましょう。

ポイント;小屋裏収納や蔵(クラ)を活用して生活空間を豊かに。