2018/10/09 (火)

あきらめない力

こんにちは、小林です。
今日も涼しく気持ちのよい秋晴れです。
久しぶりに空手の市民大会があり刺激をうけてきた我が家です。
今回も子供達の真剣な目、気合の声、悔し涙、喜びの笑顔等々、魅了されてきました。
なかでも、今回輝きが際立っていたのが一般の部で初優勝した同じ道場の高2の先輩。その子が道場に来るようになったのは中学生2年生と遅く、でも強くなりたい、と小学生にまじり地道に練習を重ね、人一倍熱心に練習に取組む姿を保護者の私達、子供達もずっとみてきました。ものすごい速さで昇給していったものの、大会ではなかなか結果を残せずにいましたが、とうとう今回の大会で圧倒的な強さを見せて個人、団体のどうどう優勝でした! ここまでの道のりは決して平たんなものでなかったのを回りの私達も見てきただけにとても感動しました。悔しい思いを何度となく経験しても諦めずに地道に練習する強い志、素晴らしいです。
その子のご両親のホッとしたような優しい眼差しがとても印象的でした。