2018/10/16 (火)

風疹抗体検査

こんにちは、小林です。
首都圏を中心に風疹の流行が拡大、患者数が既に去年の12倍、1100人を超えているとのことです。
風疹は妊婦さんが感染すると、胎児に影響します。
心臓の奇形や難聴、白内障など、妊娠初期に感染すればするほど障害が重くなるとされています。
自分や家族が感染して苦しい思いをしないように、はもちろんですが、回り回って妊婦さんや赤ちゃんへの感染を防ぐ意味でも、抗体検査、必要なら予防注射がとても重要です。
ほぼすべての市区町村で、風疹の抗体検査は無料で受けられるようなので、私も時間を見つけて早いうちに検査を受けてこようと思います。特に28才以上の方は、今まで風疹にかかったことがなければ、抗体がついていない可能性が高いようです。