2018/12/06 (木)

間取りで失敗しないためのチェックポイント 第4回

家造りで、間取りを考えるのは楽しいですよね。
自分なりの工夫したところも盛り込みたい反面、やっぱりプロから
提案も欲しいものです。間取りは後悔しない家づくりのポイントですね。

そこで、間取りで失敗しないためのチェックポイントをお知らせします。
あなたの家づくりにお役に立てれば幸いです。
リクルート社をはじめ住宅雑誌のアンケートの中で『後悔した』点
の多い順に解説します。

今回は第2位の『収納の失敗』その2 です。
前回の解決策に補足します。

収納の使いやすさのポイントです。
巷には収納術の本が多く出版されていますが簡単な使いやすさの
コツをまとめてみました。ご参考にどうぞ。

1、収納の機能で先に作った方がいいものは作りましょう。
・・・棚板やハンガー用のパイプ。限られた収納の引出など。

2、いまの計画の収納容量は、余裕(空き)を30%以上確保する。
・・・収納は考えてしまうのは最初だけにする。最初から容量が
   いっぱいだと後からの収納が大変です。

3、取り出す時、しまう時、誰でも分かるようにラベル化する。
・・・ラベル化することが整理にもつながります。

以上、補足いたします。