2019/01/09 (水)

間取りで失敗しないためのチェックポイント 第15回

家造りで、間取りを考えるのは楽しいですよね。
自分なりの工夫したところも盛り込みたい反面、やっぱりプロから
提案も欲しいものです。間取りは後悔しない家づくりのポイントですね。

そこで、間取りで失敗しないためのチェックポイントをお知らせします。
あなたの家づくりにお役に立てれば幸いです。
リクルート社をはじめ住宅雑誌のアンケートの中で『後悔した』点
の多い順に解説します。

今回は第3位の『音・匂い・視線の失敗』です。
4、吹抜け、開放性のLDK、リビング階段、で2階が騒がしい。

対策;2階がさわがしいのはオープンな空間だからです。
   すべてが一体となっているためにどこかで空間を区切る必要
   があります。でも一体感は欲しい。

   そんな時は縦長の仕切り戸などがいいでしょう。
   普通の建具と違って、天井面までドアが伸びているため
   開けた時は解放感がとても良いです。

   もう一つは2階の間仕切りの位置を変えて一体感はあるけど
   視線は、カットできるようにドアの位置も吹抜けから見えな
   いように配置することも可能です。

   音、匂い、視線の問題はプランニングの時に発生源に印を
   つけて確認すると良いですね。