2019/01/16 (水)

稀勢の里 引退。

本日、稀勢の里の引退が決まりました。
日本人横綱としての重責お疲れ様でした。
近年の角界の不祥事でファンの減少もありましたが
まずはお疲れ様、と言いたいですね。

さて角界の不祥事、皆さんはどう思われますか?
お相撲はスポーツ?でしょうか。
いまNHKの大河ドラマで競技、武道、とスポーツのとらえ方の
違いが面白く演出されていますね。

嘉納先生は柔道を武道と考えていましたが・・・
最近の国際大会などの流れはまるでスポーツですね。
「柔能く剛を制す、剛能く柔を断つ」が半分しか伝わっていません。
このようにお相撲ももしかしたら・・・スポーツや一般の競技
と思っておられる方が多いのではないでしょうか。

お相撲は神事、神様の前でおこなう神様へ捧げる競技です。
古事記にも載っている古い武道といえますが、その勝敗が
占いの面もあったようです。

だから・・・
普通のスポーツのように勝敗での勝ちポーズが見苦しいと
されていますね。
こんな背景がある中での不祥事は、神様に対してもバチ当たり
なことと思います。

日本人の横綱が不在なことも残念ですが
古来からの日本人の相撲への精神の不在のほうが残念です。