2019/11/09 (土)

台風19号からみえてくる住宅のあり方 6

先般の台風19号の被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
近年、関東地方にも台風被害が頻繁に起こっています。
今までは沖縄、九州、四国の西日本が中心でしたが、東日本にも
その猛威が毎年のように襲っています。

そうした中、住宅のあり方も見直す必要があると思います。
災害時の停電、断水の対策はどうすればいいのでしょうか。
建築的な工夫や備えもしっかり考えておくと安心でしょう。

前回、屋根面の補強を説明しましたが・・・
ほかにも重要なポイントがあります。

それは上下階の壁や柱の位置をできるだけ合わせる、
ということです。

なかなか難しいことですけれども
1階にLDK  2階に寝室 となりますと
間取り的に合わなくなります。

そこで活用できるのが
独立柱 です。補強的にかなり役に立つ優れものですので
これも災害防止のポイントとして採用ください。